読書:史伝 北条義時

山本みなみ 鎌倉から室町時代というのは、頼朝-北条政子-足利尊氏 くらいしか記憶にないし、勉強した覚えもなかった 執権がどのように役割が形作られていったのか、その中でも時政-義時と、まったく習ったことのなかった人物達が活躍する中で、武士の政権が…

読書:暴虎の牙

柚木裕子 シリーズ最終章 今回は愚連隊の長となった沖の、生い立ちから、大上や日岡とのかかわりが描かれる 暴力団に全く援護できるところはないが、生い立ちには一片の同情は寄せられるか しかし父親、友人、敵対者を殺して野望を貫くものに、未来はないと…

映画:トップガン マーヴェリック

36年後のトムクルーズ演じるマーヴェリックが共感としてトップガンに戻ってくる スカイアクション映画と よくわからないが核プラントを攻撃するため、戦闘機で困難な飛行をして爆弾を投下 まあ筋はともかく、アクションで見せる トムクルーズも年をとったが…

読書:看守の流儀

城山 真一 三上の手記を各話に挿入しながら、火石の活躍を、他の刑務官の視点から綴る 刑務所は更生の場というのがよくわかる 決して罰を与えるだけの場ではないのだ その中で、受刑者と刑務官との信頼が築けることもあるのだろう 三上は実はLGBTで男性刑務…

読書:山のパンセ

串田孫一 この時代によく雪山を登っていた様子がよくわかる 以前は「小さいこの存在の中に宿る生命を充分に楽しませることが出来た。有頂天になって悦ぶ生命を抱いて山から下ってきた。登る前の私はもうどこにもいなかった。山を歩きながら過去を切り落とし…

読書:凶犬の眼

柚月裕子 シリーズ2 大上を亡くし、一人でヤクザと対峙する日岡 駐在所に飛ばされるが、そこに組長国光が 見逃す代わりに情報をもらい・・・ やがて国光と兄弟の杯を交わす 芝居を打って日岡に捕まり、日岡は県警へ戻る 本当に暴力団と警察のつながりはあるの…

読書:神よ憐れみたまえ

小池真理子 両親を殺害した犯人が、唯一血縁として頼っていた叔父だったとは それを知って、取り乱した気持ちで結婚した相手が、自分の体だけを求めていたとは しかし若年性認知症になり、徐々に記憶が薄れる中、家政婦だったたづ一家や、その娘の忘れ形見で…

読書:塞王の楯

今村翔吾 「近江の国・大津城を舞台に、石垣職人“穴太衆”と鉄砲職人“国友衆”の宿命の対決を描く」 塞王:穴太衆の祖は塞の神の加護を受けていて、地揺れや大軍から守れる石垣を積んだ 神に次ぐ者として穴太衆が呼んだ名 「何としても家族を、この地を守りた…

読書:ファズイーター

深町秋生 「組織犯罪対策課 八神瑛子」シリーズ、最高傑作! と (ヤクザ小説が連続してしまった) やくざ社会の裏表 組どうしの抗争 その中でも掟破りが出て、一般人にも及ぶ 八神瑛子は必要悪なのか それとも真の正義なのか 「ヤクザが消えたとしても、・・・…

読書:孤狼の血

柚月 裕子 暴力団係配属の日岡 上司大上の違法捜査に内心反発しながらも、その思いに惹かれていく そして大上の死 実は監察のスパイで、大上の上司の不正メモを奪うために派遣されていた しかし大上の意志を継いで、暴力団を押さえ込む事を、使命として光景…

映画:CODA あいのうた

聾唖の両親と兄 子どもの頃から通訳として育ったルビー 思いがけず歌の才能を見いだされるが、自分も家族も半信半疑 例に漏れずマイルズへの好意から歌の練習を続けようとするが、家族の仕事の通訳としての手伝いから解放されない 歌をあきらめようとするが…

読書:生きづらさについて考える

内田樹 さまざまな媒体に書いたエッセイのコンピレーションとのこと 目次の表題からして大きな問題提起というか挑戦的 「第一章 矛盾に目をつぶる日本人」「私たちは歴史から何も学ばない」 日本では:熟議するというのは要するに時間をかけるということ そ…

読書:同志少女よ、敵を撃て

逢坂冬馬 第二次世界大戦、独ソ戦 スターリングラードを巡る戦い 憎し みから復讐しようと、狙撃兵となっ頃更田たセラフィマ しかし殺された母や村人たちを焼いたのは、疫病予防だった そしておそらく、女性狙撃兵として苦悩の中で生きてきた教官イリーナも…

読書:黙約のメス

本城雅人 脳死移植は生体移植と違って、生きている人に傷つけずに行える ドナーのその後の人生を考えると、少なくとも子から親へというのは考えにくい 「体についた傷のせいで、心まで傷ついてしまう事がある」 「医師に問題が生じると、マスコミや世間は医…

読書:黒牢城

米澤穂信 直木賞 黒田官兵衛が荒木村重に捕われ土牢に長くとどめられたのは、NHK時代劇でも、岡田准一の名演で思い出す この小説は、ノンフィクション風時代劇でありながら、ミステリー小説とも言える 幾多の城内の不思議な事件を、牢内の官兵衛が事件の…

読書:ナオミとカナコ

奥田英朗 前も読んだのかな と思ったがドラマで見たものだった ドラマでは高畑淳子が本物かと思わせる中国人になっていた DV夫殺人と失踪偽装 中国人社会もからませ、逃避への国外脱出は出来るのか 犯罪者ではあるが、それに至る経過と、2人の友情に、だん…

読書:レインメーカー

真山 仁 原告代理人の強引さは、理解しがたいが、医療裁判に至る現場の経過は実情を調べてリアルに書かれている 医療者は誠実に向き合っても、偶然に左右されることもある 家族は一部始終を目にしているわけでもないし、医療者の思考過程を共有することが出…

映画:クライ・マッチョ

クリント・イーストウッド 落馬して落ちぶれたロデオスター 元雇い主の依頼を断れず、メキシコから息子を誘拐して連れてくる仕事を請け負う 子どもは、親の愛を知らずに育ち、強さを求めて闘鶏にのめり込む よぼよぼの元ロデオのスターが来ても、尊敬のかけ…

読書:二人の嘘

一雫ライオン 誰かをかばって有罪となる このテーマは法廷ものではよくあるか しかし主人公が裁判官 しかも10年に一人の逸材、東大在学中に司法試験パス、2回の試験もパスして裁判官に さらに道行く人も振り返る美人 と設定が高すぎる 一方の有罪となった被…

読書:彼らは世界にはなればなれに立っている

太田愛 人間とは何かを問い詰めているようだ よそ者を蔑み、自分の優位性をそのことで確認する事の愚かさや 今のLGBT問題にも繋がる多様性をどう認めるかの視点 魔術師のくだりは、まさに現代の保守教育批判となっている こんなふうに戦うのなら、抵抗するべ…

読書:人は、なぜ他人を許せないのか?

中野信子 他人に、「正義の制裁」を加えると、快楽物質ドーパミンが放出される これにはまって「正義中毒」になる SNSの正義中毒者がなぜか頻繁に使用する言葉「バカ」 攻撃者は自らに直接危害が及ぶことなく、安全な場所から攻撃する 愚かさの基準は国に…

読書:『北の国から』黒板五郎の言葉

倉本聰 北の国から 何度見たり読んだりしても切ない物語 現代文明を痛烈に批判しながら、厳しい自然の中で暮らし、しかし現代文明に影響されながら、挫折しては立ち上がって生きていく姿が心揺さぶる 人間も自然の一部なんだとつくづく思わされる その中での…

映画:モーリタニアン

実話 弁護士役のジョディ・フォスターや被告人役のタハール・ラヒムが、少なくとも,見かけも実物そのもの 証拠がなくても、犯人に仕立てられるなどということは、今でも警察の体質からは十分あり得るだろうし、ましてや軍隊のやること、しかもテロ事件とあっ…

読書:働かないアリに意義がある

長谷川 英祐 道を間違えるアリが交ざっているほうが、エサを効率よくとれる場合がある 司令官がいない社会性昆虫のアリやハチには個性が存在する 反応閾値に個体差があると必要な仕事に必要なワーカーを臨機応変に動員することができる 働かないアリとは、「…

読書:テレビの国から

倉本聰 やすらぎの郷や北の国からなど NHKとけんか別れして、北海道へ「逃げて」からの作品にまつわるあれこれ 倉本聰が何を大事にして書き上げ、当時の何に対しての批判を含めていたのかなど 想いが語られ、作品の背景を知り、改めて作品の意味が見えて…

映画:007/No time to die

7年ぶりと ダニエル・クレイグが終わり方を考えていたというだけあり、これまでとひと味違ったボンドだった 何しろ引退して、彼女と仲良く暮らすボンド しかも年取ったボンド 後任も決まっている 実は再任テストも合格点とれず しかしボンドはボンド それな…

読書:じんかん

今村 翔吾 「にんげん」と読めば一個の人を指す。「じんかん」とは人と人が織りなす間。つまりはこの世という意である。 人は飢え死のうとも、孤独に勝てない 多聞丸 人間とは を松永久秀の生涯と、それを語る信長を通して明らかにしようと試みた と言えるか…

読書:アクティベイター

冲方丁 スパイ映画さながら 動作の心理的深読み 出会ったことのない小説 詳細な調査や検索の後がうかがえる 核を積んだ中国ステルス爆撃機の亡命、日本の官庁職員や、その黒幕、アクティベイターなる日米管理のエージェント、現実社会には表に出ないが、本当…

読書:透明な螺旋

東野圭吾 湯川が養子に出されていた子だったとは! 園香と母の千鶴子、その母親の境遇が、湯川の生い立ちと重なっての行動だったのだとは想像される しかし実は秀美と園香とは血縁ではなかった 最近の作は謎解きがやや単純になってきた傾向があるようにも思…

読書:深追い

横山秀夫 コロナで図書館が休みとなり、買っておいた本を読む あまり読まない短編集 横山らしい、警察のどろどろと、しかし人情味あふれた話