読書:人は、なぜ他人を許せないのか?

中野信子

他人に、「正義の制裁」を加えると、快楽物質ドーパミンが放出される

これにはまって「正義中毒」になる

SNSの正義中毒者がなぜか頻繁に使用する言葉「バカ」

攻撃者は自らに直接危害が及ぶことなく、安全な場所から攻撃する

愚かさの基準は国によって異なる 日本人は摩擦を恐れて自分の主張を控え、集団の和を乱すことを極力回避する傾向

日本は島国、自然災害が多く、長期的に準備を怠らない人が生き残った

個人の意志より集団の目的を最優先する人材が重要視される

日本人は「一般的信頼」度が低い:よそ者は信頼しない

資源が少なく、災害が多い日本では、集団として物事に対処していかなければ生きていけなかった 集団を優先するようになった 同調圧力も生じた

理性と直感が対立すると、ほとんど理性が負ける

前頭前野を鍛える

 常に自分を客観的に見る習慣をつけ、メタ認知を働かせる

  新しい体験をする

  不安定・過酷な環境に身を置く

  安易なカテゴライズ、レッテル貼りに逃げない

  余裕を大切にする

自分にも他人にも「一貫性」を求めない

     社会学的な内容かと思ったが、実は脳科学に基づいた話だった